ジスロマック500mg

性病であるクラミジアに感染した場合、病院から処方されるのがジスロマックという薬です。当サイトではこのジスロマックがどんな薬なのか、皆様に説明していきますので、参考にしていただけたら幸いです。

ジスロマックは炎症の予防にも使われています

ジスロマックは様々な診療科で処方される抗生物質です。人間は感染症にかかるとその部分が炎症を起こしたり痛みや発熱、化膿してしまいますが、それは身体が侵入してきた細菌やウイルスと戦って身体を守っているためです。しかし人間の免疫力に頼っていてもなかなか症状が改善しないことがあったり、症状が出てしまう前に細菌やウイルスを退治して痛みや炎症が出ないようにするために処方されるのが抗生物質です。耳鼻科で中耳炎の治療や歯科で抜歯後の化膿止め、小児科で肺炎など様々なところで処方されています。それにはジスロマックが服用回数が少なくても良いという特徴があるためです。
抗生物質は毎日決められた時間に決められた量を服用することで血中の薬効成分の濃度を一定にして、細菌やウイルスを減らしていくための薬です。しかし、毎日服用しなければならないのですが症状が改善してくると「もう飲まなくて良い」と服薬を勝手に中止してしまう人が居ます。一度治まったと思っていても体内にはまだ最近やウイルスが潜んでいて、やめたとたんに症状が再発してしまったり、その抗生物質が効かなくなる耐性菌を生んでしまう可能性があることが問題でした。しかしジスロマックは疾病によって服用回数は違いますが、今までの抗生物質に比べて服用する回数が少なくて済み、服用すればその効果が一週間継続するため、飲み忘れや途中で飲むのをやめてしまうこともな、耐性菌を生む可能性も少ないという特徴があります。また、ジスロマックの成分は八卦急に取り込まれるため細菌やウイルスがいる場所に集中して集まり効果を発揮するため、副作用やアレルギー症状が起きたという報告が少ないため、様々な診療科で処方されているのです。