ジスロマック500mg

性病であるクラミジアに感染した場合、病院から処方されるのがジスロマックという薬です。当サイトではこのジスロマックがどんな薬なのか、皆様に説明していきますので、参考にしていただけたら幸いです。

ジスロマックが効く性感染症とセルフ検査と無性病

性器クラミジア感染症は日本において最も多い性感染症であると言われており、15%程度の人が感染しているとされています。自覚症状をあまり伴わない時期が長いということや、咽頭を介した感染が進行するということへの認識不足がその感染拡大を招いているとされており、近年では若者たちの間で感染が広がっていることが大きな問題となっています。男性の場合にも女性の場合にも最終的には不妊になってしまう可能性も高いというのが性器クラミジア感染症の特徴であり、できる限り重症化してしまう前に検査を行って治療に向かうことが大切となります。男性の場合には副睾丸炎を経て無性病あるいは無精子症と呼ばれる病気になって不妊になり、女性の場合には子宮内膜炎や卵管炎を伴って不妊になりやすいというのがクラミジア感染です。その検査においてはセルフチェックを行うことができる検査キットがあり、検体を郵送することによってその結果を知ることがでいるようになっているのが現状です。保健所や病院に行くのとは違って人に姿を見られる心配もないことから、性感染症かもしれないということを人に知られることなく検査が行えるというのがメリットとなっています。こういったキットを使って陽性となってしまった場合にも治療を行うのはそれほど大変ではありません。ジスロマックという有効性の高い抗生物質があるからであり、クラミジア感染が陽性とわかって病院に行けば処方してもらえるでしょう。それでもなお病院に行きたくないという場合には通販でジスロマックを個人輸入することもできます。大抵は一回だけ飲めば治療を達成することができるため、思い切って治療薬を手に入れることが大切です。